2009年03月23日

OCO注文について

OCOというのは「One Cancels the Order」の略です。
Canselsというのは、キャンセルの事ですね。
Orderは注文という意味です。

OCO注文とは、二つの指値注文を出し、どちらかの条件で約定した場合は、もう一方の注文が自動的にキャンセルされる、という方法の注文です。そして、どちらかが約定したら、もう一つの注文は消えます。しかし、そこだけに売り注文を出している場合、もし仮に一度93円まで上がって、その後また下がって92円30銭に落ちた場合、せっかく利益確定ができるチャンスだったのに、会社に行っている時間帯などの場合は対応できず、5万円の損となりますよね。Orderは注文という意味です。ロスカットラインの92円30銭で売るという注文と、93円で売るという注文を同時に出す事ができます。

現在10万ドル持っているとしましょう。さすがに5万円以上は損したくない、と考えているとしましょう。常に市場を監視できない人にはとても便利な注文です。これで、もし一度93円に上がってその後下がったとしても、93円で約定されます。例えば、1ドル=92円50銭の為替相場だったとします。

当然そうなれば、ロスカットラインは92円30銭です。OCOというのは「One Cancels the Order」の略です。ここに売り注文を出しておけば、最低その額での取引が可能となります。一見、使い方がわかりにくい注文かもしれません。つまり、現時点では30銭×10万=3万円の含み損という事になります。

損切りと利食いの両方を同時にできるのです。この10万ドルは、先日92円80銭で購入したものです。ここに有効なOCO注文の例を示しておきます。そこで、OCO注文の出番なのです。Canselsというのは、キャンセルの事ですね。
posted by キャッツ098 at 22:02 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

IFO注文について

IFD注文は主に買い注文の際に使われ、OCO注文は売り注文で使われるので、複合が可能なのですね。そこで、IFO注文が有効なのです。その後急激に円高が進み、1ドル=97円くらいまで一気に下がる可能性だってあります。このIFO注文は、他のFX用語でもある「IFD注文」と「OCO」注文の複合なのです。更に、現在の市場の動向を見る限り、1ドル=97円50銭〜98円20銭までの範囲で値動きしている、と分析できたとします。

現在の為替市場が1ドル=98円としましょう。このIFO注文は、FX用語の中にある注文の中でも特に使い勝手が難しい部類といわれていますただ、その分使いこなせればとても大きな武器となるでしょう。その場合、例えばIFD注文で97円60銭を買い注文、そして98円10銭で売り注文を出せば、利益を得る可能性が高いと言えます。そうなると、大きな損をしてしまいますよね。IFO注文とは、「If Done One Cancels The Order」の略です。

FX用語の中には様々な注文がありますが、その中の一つにIFO注文も含まれています。これを見ると何となくピンと来るかもしれません。では、使い方の簡単な例をここで紹介します。この場合は1ドル=97円60銭で買い注文を出し、もしこれが成立したら、98円10銭、もしくは97円20銭で売る、といった感じの注文になるでしょう。

IFDでは一つしか出せない売り注文を、二通り出せるのです。これで、損切りも利食いも可能になります。ただ、必ずしも理想の結果になるとは限りません。かといって、ロスカットの売り注文を出して収益の機会を失う可能性も否定できません。
posted by キャッツ098 at 06:21 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

シグナルについて

同様に、売りシグナルは市場が買いに走りすぎている場合に出てきます。そのサインというのはどういう所で見つけるのかというと、相対力指数と呼ばれるものを使うのが一般的です。そんなFXにおける為替市場の変動を把握するためのFX用語は結構あります。例えば、シグナルなどもFX用語の一つです。

買いシグナルとは、市場が売りに走りすぎている状況で、もう直ぐ値が上がるという場合に使われます。これによって、上昇分の割合がわかります。簡単に言えば、買いシグナルはその為替の買い時、売りシグナルは売り時を示すサインです。

シグナル単独で使われる事はなく、買いシグナル、売りシグナルというFX用語を用いるのが一般的です。FXにおいては、為替市場の動きを常にチェックしておかないと、なかなか利益を得ることはできません。ほとんど動きのない金利差による収益を考えているとしても、金利差での収益が価格変動による値動きの幅に勝る事はまずありません。

相対力指数はRSIとも略されますが、テクニカル指標の一つで、過去の一定の期間における上げ幅合計を、同期間の上げ幅合計と下げ幅合計を足した数字で割り、100をかけて%にした数値です。これが高いほど、上昇率が高いという事になりますが、70%を超えると上昇しすぎ、つまり買われすぎという事で売りシグナル、30%以下の場合は売られすぎ、つまり買いシグナルという事になります。つまり、どのような通貨ペアであっても、その価格の動きをしっかり予測しておかないと、収益は得られないのです。
posted by キャッツ098 at 03:54 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

気配値について

不特定多数の人たちが出している注文の中で、最も高く買おうとしている人と、最も安く売ろうとしている人との接点が、為替相場における価格となります。気配値というのは、FX用語の一つです。とは言えFX用語以外にも、株などの用語としても使われているので、FX用語を知らなくても気配値という言葉に聞き覚えがある人も少なくないでしょう。

市場的には、ドルに95円以下の価値を求めている人が多数いるからです。例えば、現在1ドル=95円でも、95円以下で買おうという人が、95円で売ろうと考えている人よりかなり多いという場合、その為替は値を下げるでしょう。ただ、当然ながら注文は必ずしもその接点のみが出されるわけではなく、例えば1ドル=95円の相場の時に、1ドルを94円50銭で買おうと思って買い注文を出す人もいれば、1ドルを95円50銭で売ろうと考えて売り注文を出す人もいるでしょう。

FXによる為替取引を行う場合、一対一でのトレードという事は通常はありません。こういった動きは、全て気配値によって決まるといっても過言ではないのです。逆に、95円で買おうと考えている人が95円で売ろうと考えている人より多い場合は、95円でもこれだけ売れるならもっと上の値で売れると考えられ、為替の価格は上がります。

気配値は何故気配値というのかというと、その為替の今後の値動きがどのように変化していくかという気配を示した値だからです。そういった注文の数というのは、気配値として、それぞれの投資家が見ることになります。
posted by キャッツ098 at 14:38 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

レバレッジについて

レバレッジの場合は、数十倍、数百倍という倍率で行っている証券会社が沢山あります。この場合、通常だと上記した通り1000ドルも購入できませんが、レバレッジを利かすと30万ドル程度の購入が可能です。そこで、10万円しかなくても、もっと大きな勝負ができるというのが、レバレッジというシステムなのです。それがレバレッジの醍醐味です。普通、取引するためには証券会社の口座に入れているお金を使いますが、その中に入っているお金の範囲内で為替の購入を行いますよね。

レバレッジとは、証券会社の口座にお金を預けた場合、その元での何倍もの額での取引を行えるシステムです。株取引でいうところの信用取引ですね。レバレッジというのはFX用語で、このFX用語を日本語にすると「てこの原理」となります。FXの特徴の一つとして、自分の持っている所持金よりも大きな額での取引が可能であるという点があります。これだと、仮に1ドル=105円に円安が進んでも、5千円以下の儲けです。

10万円で150万円を稼げるのです。所持金は10万円。そして、1ドル=100円のレートでドルを購入します。ハイリスクハイリターン。実際にどのような意味なのか、ご説明しましょう。

中には300倍、400倍という会社もあるくらいです。これが何を意味するのかというと、小さな力で大きなものを動かす、という意味を持っているFX用語であるということです。例えば、レバレッジ300倍で取引を行うとしましょう。ただし、もし95円まで落ちたら150万円の借金です。そして、もし105円に上がった場合、150万円の儲けです。
posted by キャッツ098 at 14:36 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

含み益、含み損について

今後どう値動きするかは不明ですが、現時点ではこれだけ得、損をしていますよ、というのが含み益、含み損なのです。何しろ、リーマンショックのような事態もありますし、信じられないような反発を見せる事も多々あります。それは何故かというと、為替の値動きが非常に活発だからです。例えば、1ドル=95円の時に1万ドル購入して、現在1ドル=94円という状況で、まだそのドルを約定させず持っているという場合は、1万円の含み損という事になります。FXにおいて、不況時になるとなかなか売り辛くなるという意見をよく聞きます。

現在購入して持っている外国為替をどのタイミングで売ればいいか、なかなかきっかけがつかめないのです。ニュースを見ているとわかりますが、普通の状態の場合はそれほど各通貨そう値が動きはしません。その中で、どちらにトレンドが動くかを読むのは、簡単ではないにせよ難しくもないといったところです。そんな中、更にそのタイミングを躊躇させるのが、FX用語でいうところの含み益、含み損です。実際には確定していないのに、得した気分でずっといると、なかなか利益を確定させることをせず、例えちょっと下がってもまだ大丈夫だから、更に上がるのを待っておこう、という気分にさせてしまうのです。

含み益とは、まだ売買を確定させていない状態での利益、含み損は損失です。不況時には、これが一番危ないのです。後者はまだいいのですが、前者が厄介なのです。これらはFX用語ですが、FX用語以外でも使われる事があるので、知っている方もおられるのではないでしょうか。

緩やかに上昇、下降を繰り返します。油断ですね。一方、不況時はどうかというと、いつどう動くか予測ができません。これらは、まだ確定していないにも拘らず、既に利益を得た、損失を被った気分にさせます。
posted by キャッツ098 at 02:46 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

移動平均線について

数日間の平均を取る事で、極端な上下動がなだらかになり、より市場全体の傾向が見やすくなります。実際、チャートにおける基本の一つという位置づけなので、初心者の方はまずこれを見るのが望ましいでしょう。そうなってくると、世界情勢にも興味が沸いてくるということにもつながり、良い循環作用が生まれます。例えば、当日+それまでの4日間の合計5日間の平均を取り、その平均値をずっとつなげた場合、それは5日間移動平均線となります。

為替相場がどのような動きをしているのかを見るには、各通貨ペアのグラフを見るのが一番わかりやすいでしょう。このグラフに描かれる線は、為替相場の一定期間の変動を平均値にしてつなげたものです。それが移動平均線の持つ意味です。

チャートを見る場合、この移動平均線はぱっと見で確認がしやすい分、多くの人が参考にしています。その中で、特になじみが深いFX用語が移動平均線でしょう。当日のみの平均値を取って線にするのとは違い、そこまで複雑な線にはなりません。

不況時には為替間の値動きの上下動が激しいので、ある程度なだらかにした方が、全体が見えやすいという傾向にあります。そんな中、為替相場を示すグラフには、いくつものFX用語が含まれており、しっかりグラフを見るにはそれぞれのFX用語の意味を知っておく必要があります。その各通貨ペア同士のグラフを比較し、それぞれの連動性などをしっかり分析する事で、立体的な予想ができます。
posted by キャッツ098 at 04:09 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

逆張りについて

FX用語でいうと下降トレンド状態のその為替を買う理由は、流れがもうすぐ変わることを予測してのものです。その為替を購入する、というのが、逆張りです。予測によって動くので、当然リスクはあります。逆張りとは、現在の市場の流れとは逆の買い方、売り方をする事です。とはいえ、ロスカットラインをある程度ゆとりを持って設定しないと、流れが変わる前に自動的に売られたりする事もあるので注意してください。

FXでしっかりお金を稼ぐためには、様々な戦略を張り巡らす必要があるでしょう。また、そういった分析以外にも、チャートを注意深く分析し、その後どう動いていくかを予測していく事も必要です。そのような中、FX用語の一つである「逆張り」も、戦略の中の一つとして数えられるでしょう。しかし、いち早く変遷を読み、流れとは逆の売買を行って、実際にうまくその流れの変遷を読みきったとき、莫大な利益を得る事ができるでしょう。

逆張りのポイントは、一つ先を言っているということです。それぞれの通貨には、適正価値というものがあります。社会情勢に耳を傾け、どの国がどのような状態にあるのか、という情報網に常に目を通る必要があります。数多くの戦略的なものがあるFX用語の中にあって、この逆張りは一種の基本ともいえます。

しっかり分析をしておけば、大きな読み違いはしないかと思います。それを超えた買われ方、売られ方をしている通貨には、この逆張りが有効なのです。例えば、チャートを見る限り、ここ一月の間は下がり続けている為替があるとします。つまり、買われすぎであると判断したということですね。
posted by キャッツ098 at 18:45 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

トレンドについて

特に不況時はそうです。このトレンドを読みきる事が、FXで儲ける最大のコツです。その状況でしっかりトレンドの変遷を読むというのは、容易ではありません。その理由としては、FX市場は比較的経済のニュースなどに忠実な動きをするからです。その中で、たまに何らかの機会に大きく上昇し、また下降、という感じです。

株のように、一人、あるいは複数の仕手によって、全く脈絡なく上下動する事はまずありえません。下降トレンドの状態が長く、その合間に短期の上昇というパターンが最も多いでしょう。トレンドは、上昇トレンド(アップトレンド)、下降トレンド(ダウントレンド)といった使い方をされるのが一般的です。つまり、何か大きな出来事があれば、確実にリアクションが起きる市場といえます。

どちらもFX用語ですが、上昇トレンドの場合は市場や特定の為替などが好調であることを意味し、下降トレンドはその逆を意味します。不況時、このトレンドはほぼ常に下降状態となります。その流行、すなわち流れという意味から、FX用語をはじめとした様々な金融取引の用語で、トレンドは市場の流れ、その為替や銘柄の流れの事を指す言葉として使われます。ですから、ある程度世の中の動きを把握していれば、大怪我はしないようにはなっています。

FX用語に限った事ではありませんが、金融取引の場合、その取引のチャートの流れの事をよくトレンドと言います。ただ、FXにおけるトレンドは、株などと比べればやや読みやすい傾向にあります。トレンドというと、普通の言葉だと流行を意味しますよね。ただ、全く素直というわけではなく、反発もし易い傾向にあります。
posted by キャッツ098 at 22:34 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

戻り、押し目について

特に不況時は、こういった「戻り」「押し目」の状況が多く見られます。例えば、リーマンショックの際などもそうです。リーマンショックがあった2008年9月から12月にかけて、ほとんどの為替は大幅な下落を見せました。どのような通貨ペアでも、常に下がりっぱなしという事はありません。ただ、微小な単位で見ていくと、やはりそこには細かな上下動があります。

FXにおける不況下の動きというのは、読みづらさはそれほどありません。そして同時に、トレンドの変換期なのか、「戻り」「押し目」という一時的な変化なのかを見極める力が必要です。例えば、その中のとある一日間にだけ絞れば、上昇を見せているものも少なくありません。その状況を読み、しっかりとした取引を行いましょう。これは各通貨ペアの為替チャートを見ればわかります。

どこかで転機を迎えます。ただ、その転機だけを待っていては、なかなか儲ける事はできません。このような下降トレンド時の一時的な上昇をFX用語で「戻り」と言います。また、この例の逆で、上昇トレンド中に見られる一時的な下降をFX用語で「押し目」と言います。ただし、それはあくまで数ヶ月単位でのことです。

トレンドのベクトルが強いから、転機になりにくいのですね。ただ、その上昇は一時的なもので、直ぐまた下降トレンドに戻ります。その合間にある「戻り」や「押し目」をうまく利用しなくてはならないでしょう。この「戻り」と「押し目」は、FXで利益を得るためにはとても重要なFX用語です。
posted by キャッツ098 at 13:37 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。