2009年04月22日

リーマンショックについて

負の連鎖と言って良いでしょう。このリーマンショックとは、アメリカで2番目の規模を誇る証券会社「リーマン・ブラザーズ」が2008年9月15日に事実上の破綻をした事で、アメリカはおろか世界経済が大混乱に陥った一幕の事を指します。こういった流れが起きてしまったことで、世界各国の為替市場は9月下旬以降、大きく値を下げました。それにはまず、サブプライムローンが大きく関わっています。

日本円の組み合わせを例にしてみると、アメリカはもとより、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、 英ポンド、カナダドル、スイスフランと、主要どころは全滅といった状況です。FX用語にリーマンショックが加わる事は間違いありません。株は勿論、FXにおいてもリーマンショックは非常に大きな損害を与える騒動となりました。このサブプライムローンというのは、アメリカが低所得者向けに行ったローンだったのですが、住宅の価格の上昇が止まったことなどが問題となり、アメリカ経済を狂わせた要因の一つと言われるようになった一連の騒動です。

FX用語というのは、FXに関する様々な専門用語のことですが、今後新たに定着しそうなFX用語が2008年に生まれました。それは、「リーマンショック」です。これによって、世界各国の株式市場、そして為替市場が大打撃を受けました。

何故、アメリカの証券会社の破綻が日本を始め世界各国に大きな影響を与えたのでしょう。その後、ドルに対しての不安は一層広がり、日本やヨーロッパ国内における海外の投資家も現金確保のために売り注文を出し、値下がりがおき、これを見た国内投資家も売り注文を殺到させた、というのが主な流れです。そのサブプライムローンで貸付をしていた「リーマン・ブラザーズ」が倒産した事で、サブプライムローン問題の再燃を危惧した投資家が売り注文を殺到させ、ドルにおける対円、対ユーロといったところが値下がりを起こしました。
posted by キャッツ098 at 11:06 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。