2009年04月07日

空売りについて

FXが不況に強いと言われる所以は、空売りが大きいかと思います。空売りの最大の特徴は、今後値が上がる通貨だけを探す必要がなく、下がる方を探せるという点です。これで利益が得られます。そこで適切な判断ができるというのは、かなりFXがうまい人といえるでしょう。

FX用語以外にも空売りという言葉は使われますが、FX用語として使われる事が最も多いですね。ただ、一見簡単なように思えるから売りですが、実は意外と難しかったりします。これが、FXが不況に強いメカニズムと言えるでしょう。人間、欲を抑えるのは難しいものです。

割安感のある通貨を探している時は、ほとんどの通貨が値を下げてしまうような印象があり、空売りなら儲けられるのに、と思ったりしますよね。空売りというのはFX用語の一つで、実際に持っているわけではない通貨を証券会社に借りて売り、その通貨を後で購入して返す、という一連の流れの事です。現時点で割高感のある通過を借りて売り、その通貨の価格が下がったところで購入し、返す。

通常の売買では、通過の価格が安い時に買って高い時に売る事で利益が出るので、市場が低迷したら当然損失が出てくる可能性が高いのですが、空売りというシステムがある事で、不況下であっても利益を狙えるのです。しかし逆に空売り目線で割高感の通貨を探す場合は、ほとんどの通貨が値を上げてしまうように感じてしまったりします。それは、自分にとって利益の出る動きばかりを追ってしまうからです。
posted by キャッツ098 at 19:25 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。