2009年03月31日

スワップについて

一つは、為替の差額によって得られる収益。アメリカなどと比較して、かなり低いと言えます。FXでお金を稼ぐならば、その方法は2つあるといわれています。逆に、金利の高い国の通貨で金利の低い通貨を購入した場合は、逆にスワップが引かれます。このスワップは、不況下において確実に利益を出しやすいと言えます。

スワップというのは、各通貨間の均衡を図る為の制度なのです。例えば、円でアメリカドルを購入した場合は、このスワップが発生して収益となるのです。今後通貨価値が上がると思しき通貨を購入し、価値が上がった時に売るという、金融取引の基本ともいえる収益です。例えば、現在日本はとても金利の低い国です。安定した利益を確保できる分、不況に有利と言えるのです。

FX用語におけるスワップは、「スワップ金利」とも言います。そしてもう一つは、FX用語で「スワップ」と呼ばれる金利差です。スワップというのは、ペアとなる通貨の金利差によって発生するものです。意味は同じですね。そんな金利の低い国の通貨で金利の高い通貨を購入した場合、金利差というものが生じ、その金利分を毎日受け取る事ができます。

金利は余程の事がないと下がらないからです。ただ、当然為替の差額の変動によっても収益は変化するので、スワップのみの収益だけではなかなか利益となるとは限らないのが現状ではあります。ただ、必ずしも収益になるとは限りません。こういった同じ意味のFX用語というのはいくつかあるので、調べてまとめてみるといいでしょう。それぞれの国にはそれぞれの通過がありますが、同時にその国によって金利も異なります。
posted by キャッツ098 at 03:33 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。