2009年03月29日

通貨ペアについて

どういうペアが主なものか知りたい場合は、FX用語を調べるのも手です。ちなみに、アメリカドル円などの主要な通貨ペアはFX用語となっています。それだけ影響力が大きいということです。例えば、アメリカドルと円の間で取引を行う場合は、アメリカドル円というのが通貨ペアという事になります。例として、リーマンショックを挙げておきます。

FXにおいて、通貨ペアというのは非常に重要です。当然、経済的に豊かであり、発展途上、高度成長を見せている国の通貨は価値が大きく上がっていきますし、逆に大きな経済負担、悪いニュースが流れた国の通貨は大きく価値を落とします。例外は、アメリカドルです。どの通貨ペアがいいのか、様々な面から考慮する必要があるのです。ドルで円を買う場合も、円でドルを買う場合も、この表記になります。

実際には、ロスカットのタイミングが一番重要だったりしますが、この通貨ペアの決定というのも非常に重要です。2008年9月前後に起こったこの事件によって、アメリカドルは大きく価値を落としましたが、アメリカドルとは関係ない通貨ペアにおいても、レートが大きく下がりました。答えは単純です。また、金利の差によって、スワップを得ることもできます。その例外を除けば、通貨は基本国の経済の好不調が大きく左右します。

アメリカの場合は、全ての国の通貨価値に影響を与えますので、ドルの価値下落は全ての国の通貨が連動する事が多いです。どれくらい重要かというと、これでFXにおける勝ち負けの多くが決定するのでは、というくらいです。その通貨でどの通貨を買う、あるいは今もっている通貨をどの通貨に換える、という場合の通貨のペアの事です。この通貨ペアが何故重要かというと、それぞれの通貨ペアによってレートは大きく異なるからです。まず、通貨ペアというのはどういう意味のFX用語なのでしょう。
posted by キャッツ098 at 19:50 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。