2009年03月25日

IFD注文について

会社勤めで日中は注文が出来ない、という方にお勧めです。例えば、1ドル=92円50銭の相場の際、1,000ドルで92,200円を購入しようと考えているとします。こうしておくと、実際に92,200円をドルで購入した後、更に為替レートが変動し、92円80銭になった時に自動的にそのドルは売られ、92,800円が手元に入るということになります。この場合、92円20銭に1,000ドル分の買い注文を出すわけです。

注文方法が多いということは、それだけ戦略の幅が広がる事を意味します。これがIFD注文です。使いこなせなければ逆に混乱を招く事にもなりかねませんが、この不況の中、常にリスクの軽減を念頭に入れながら注文を出す事は必須であり、そういった注文方法が多いということは、それだけ不況時でも運用しやすいと言えるのではないでしょうか。それが意味するとおり、この注文は、まず指値注文を出し、もしその指値注文約定したら、その次の注文が発動する、という形の注文方法です。

普通に指値注文を出していた場合は、実際に92円20銭になったら自動的に購入できますが、そこまでです。ここでは、FX用語の一つでもある「IFD注文」についてご説明しましょう。Ifというのは、ご存知「もし〜なら」という意味の英単語ですね。つまり、買って売るという一連の流れを一つの注文でまとめてできるというわけです。

IFD注文とは、「If Done」注文の略です。わかりやすく例を挙げてみます。一方、IFD注文の場合、「92円20銭になったら1,000ドル分購入し、その後92円80銭にドルが上がったら1,000ドル売る」という注文が可能なのです。
posted by キャッツ098 at 02:54 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。