2009年03月22日

IFO注文について

IFD注文は主に買い注文の際に使われ、OCO注文は売り注文で使われるので、複合が可能なのですね。そこで、IFO注文が有効なのです。その後急激に円高が進み、1ドル=97円くらいまで一気に下がる可能性だってあります。このIFO注文は、他のFX用語でもある「IFD注文」と「OCO」注文の複合なのです。更に、現在の市場の動向を見る限り、1ドル=97円50銭〜98円20銭までの範囲で値動きしている、と分析できたとします。

現在の為替市場が1ドル=98円としましょう。このIFO注文は、FX用語の中にある注文の中でも特に使い勝手が難しい部類といわれていますただ、その分使いこなせればとても大きな武器となるでしょう。その場合、例えばIFD注文で97円60銭を買い注文、そして98円10銭で売り注文を出せば、利益を得る可能性が高いと言えます。そうなると、大きな損をしてしまいますよね。IFO注文とは、「If Done One Cancels The Order」の略です。

FX用語の中には様々な注文がありますが、その中の一つにIFO注文も含まれています。これを見ると何となくピンと来るかもしれません。では、使い方の簡単な例をここで紹介します。この場合は1ドル=97円60銭で買い注文を出し、もしこれが成立したら、98円10銭、もしくは97円20銭で売る、といった感じの注文になるでしょう。

IFDでは一つしか出せない売り注文を、二通り出せるのです。これで、損切りも利食いも可能になります。ただ、必ずしも理想の結果になるとは限りません。かといって、ロスカットの売り注文を出して収益の機会を失う可能性も否定できません。
posted by キャッツ098 at 06:21 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。