2009年03月10日

戻り、押し目について

特に不況時は、こういった「戻り」「押し目」の状況が多く見られます。例えば、リーマンショックの際などもそうです。リーマンショックがあった2008年9月から12月にかけて、ほとんどの為替は大幅な下落を見せました。どのような通貨ペアでも、常に下がりっぱなしという事はありません。ただ、微小な単位で見ていくと、やはりそこには細かな上下動があります。

FXにおける不況下の動きというのは、読みづらさはそれほどありません。そして同時に、トレンドの変換期なのか、「戻り」「押し目」という一時的な変化なのかを見極める力が必要です。例えば、その中のとある一日間にだけ絞れば、上昇を見せているものも少なくありません。その状況を読み、しっかりとした取引を行いましょう。これは各通貨ペアの為替チャートを見ればわかります。

どこかで転機を迎えます。ただ、その転機だけを待っていては、なかなか儲ける事はできません。このような下降トレンド時の一時的な上昇をFX用語で「戻り」と言います。また、この例の逆で、上昇トレンド中に見られる一時的な下降をFX用語で「押し目」と言います。ただし、それはあくまで数ヶ月単位でのことです。

トレンドのベクトルが強いから、転機になりにくいのですね。ただ、その上昇は一時的なもので、直ぐまた下降トレンドに戻ります。その合間にある「戻り」や「押し目」をうまく利用しなくてはならないでしょう。この「戻り」と「押し目」は、FXで利益を得るためにはとても重要なFX用語です。
posted by キャッツ098 at 13:37 | FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。